ロゴ

【数学の勉強法】ケアレスミスを格段に減らす方法

2021/08/31 2021/03/29

数学のケアレスミスイラスト

ひよこアイコン

あー!なんでこんな問題ミスしちゃったんだピヨー!

うさぎ先生アイコン

ケアレスミスですか..。もったいない!
そういうミスは早いとこなくしたいですね。

ひよこアイコン

どうすればケアレスミスをなくせるか教えて欲しいピヨ...

うさぎ先生アイコン

わかりました!特別にケアレスミスをなくす方法を教えてあげましょう!

ケアレスミスをしてしまう原因

うさぎ先生アイコン

ケアレスミスをなくすためにはまずミスをする原因を知らなくてはいけません!

例えば、勉強が苦手な子の特徴として

「何がわからないのかがわからない」

「ミスする原因がわからない」

ことがあげられます。

実はケアレスミスをよくする子もこれと似ていて、

「なぜミスするのかわからない」

「いつミスするのかがわからない」

という傾向があります。

だから、いつまで経ってもミスが減らず、点数を落とし続けてしまうんです。

高校入試を例に出すと、ほとんどの県で数学の入試問題では、大問1で計算問題を5〜6問出題しています。 また、その計算問題って意外と高配点で、「1問約5点」ももらえるんです

そこで、1問うっかり落としてしまうだけで-5点です。3問ミスしてしまうと-15点。

100点満点のテストで、ケアレスミスだけで15点落とすと考えたら、非常にもったいないですよね。

うさぎ先生アイコン

逆に考えれば、ケアレスミスをなくすだけで10点〜20点は平気で点数UPできてしまうのです!

ひよこアイコン

...なんと!?

となるとこの点数は絶対とっとくですよね。

ということで、ケアレスミスをなくすための具体的な対策方法について紹介していきます。

"ケアレスミス"と"本当のミス"とを分類する

うさぎ先生アイコン

まずはミスの分類わけをしていきます!

ひよこアイコン

ふむふむ。どうやってやるピヨ?

① "ケアレスミス"なのか"本当のミス"なのかを把握する

まず、問題を解いたら"すぐに"答え合わせをして下さい。

そこで、いつもなら間違えてしまった問題には「×」をつけますよね。

この「×」を以下の2種類にわけていきます。

うさぎ先生アイコン

通常の間違いには「×」

これはもったいない!という間違いには「△」

をつけて下さい。

丸つけのやり方

ひよこアイコン

こんな感じであってるピヨか?

うさぎ先生アイコン

そうです!そんな感じです!

ここで絶対にやってはいけないのが、「ケアレスミスだし、パパッと直してマルにしちゃえ!」とすることです!

そうしてしまうといつまで経ってもケアレスミスがなくなりません。ここは、苦しいですがマルにせず「△」をつけて下さい。

これをしばらく続けていくと、「△」をつけるのがだんだん悔しくなっていきます。この気持ちが大切で、自分のミスをミスだと認識することで、 「ケアレスミスをなくさなければもったいない」という意識付けをしていくのです。

意識がついてきたら、次は実際にそのミスをなくすための対策にうつります。

② ケアレスミスの原因をかく

一口にケアレスミスといっても、ミスのタイプ(原因)は違います。

うさぎ先生アイコン

ミスに「△」を付けたら、「ミスのタイプ」を一言書いて残すようにしましょう。

タイプ分けのカテゴリーは、自分なりに考えても良いのですが、 どのようにカテゴリーを作れば良いのかわからない子もたくさんいると思うので、 まずは以下の例を試してみて下さい。

・写し間違いのミス(ウ)

これは悔しいですよね。

問題文には「43」と書いてあるのに自分の計算式には「34」って書いてあったり、「-1」なのに「1」にしてしまってたりなど...。

こういう「写し間違え」によるミスには「ウ」と書いておきましょう。

・四則演算のミス(タ/ヒ/カ/ワ)

足し算引き算、掛け算割り算でのミスを「四則演算のミス」としています。

このミスはなかなか治りづらいですが、根気よく続けていると、自分のミスの傾向に気付いてきます。

・なぜか「-8-9」のような「マイナスいくつ引くマイナスいくつ」の計算をよく間違えるな〜

・「分数÷分数」がよく間違えるな

などです。

うさぎ先生アイコン

上のことをふまえてメモを残すとこんな感じになります。

丸つけのやり方

うさぎ先生アイコン

このほかにも、もっと細かく分類するのもOKです。

同じカテゴリに分類されるミスが溜まっていったら、そこが点数アップのポイントになります。

同じタイプの問題が出てきたときに、より慎重に問題を解くことができます。

うさぎ先生アイコン

ところでひよこくん。

ひよこアイコン

な...なんだピヨ?

うさぎ先生アイコン

ここまで聞いてみて、この丸つけをするために絶対に必要な事があります。
何かわかるかな?

ひよこアイコン

必要な事こと...。もしかして、途中式ピヨ...?

うさぎ先生アイコン

そのとおり!

ひよこアイコン

ピヨーーーー!!

途中式がないと「なぜミスをしたのか」がわからなくなってしまいます。

なので、後々見返したときに「なぜミスしたのか」がわかるように途中式の書き方にも注意してください。

定期テスト後に"ケアレスミスが何点分あるか"計算する

先ほどの分類をしばらく続けていくと、定期テストの方にも徐々に効果が現れてきます。

うさぎ先生アイコン

テストの答案が返ってきたら必ずそれも分類するようにしましょう。

ミスがあれば「△」を付けて、タイプを書き込んでおいてください。

そして、必ず「ミスが合計で何点分あるか」を計算しましょう。

その点数を実際のテストの点数に足したものが、あなたの本当の実力です!

ミスを無くして、いつでも本当の実力が出せるようにしていきたいですね。

うさぎ先生アイコン

今回は数学のケアレスミスをなくす方法を紹介しました。
大体わかったかな?

ひよこアイコン

わかったピヨ!早速今日からやってみるピヨ!

ミスをミスと認識することと、自分がどんなときにミスをするのかを知ることが、ミスをなくすための一番の近道になります!

ミスが多くて困ってる子は、すぐに実行してください!

うさぎ先生のプロフィール

この記事を書いた人

職業...塾講師・家庭教師
(塾講師歴10年/家庭教師歴12年)
塾や家庭教師を選ぶ際に口コミや評判を調べてみても
結局書いてある内容はどこも同じ。
それなら私が自身の経験をもとに作っちゃえ!
ってことでこのサイトを作りました。